スロット イベント 日k8 カジノZ1から乗り換える価値あり? Xperia Z2を使って“進化”を感じた10のポイント仮想通貨カジノパチンコツムツム 美女 と 野獣 3000

スロット イベント 日k8 カジノZ1から乗り換える価値あり? Xperia Z2を使って“進化”を感じた10のポイント仮想通貨カジノパチンコツムツム 美女 と 野獣 3000

スロット イベント 日k8 カジノZ1から乗り換える価値あり? Xperia Z2を使って“進化”を感じた10のポイント仮想通貨カジノパチンコツムツム 美女 と 野獣 3000

海外 仮想 通貨 取引 所 日本 円k8 カジノ photo「Xperia Z2 SO-03F」

bbスロット 前衛 NTTドコモのソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia Z2 SO-03F」が、5月21日に発売された。1世代前の「Xperia Z1 SO-01F」の発売日が2013年10月24日なので、わずか7カ月でモデルチェンジしたことになる。Xperia Z1を使っていた筆者にとっては「もう新モデルとは早いな~」と感じていたが、Xperia Z2を試用しているうちに、気付いたらZ2を購入していた。自分が求めていた部分がしっかり改善されていると実感したからだ。

 カタログや製品サイトからは分かりにくい部分も含め、実際に使ってみて、Z1からZ2で特に進化したと感じたところを挙げたい。

→Xperia Z2のバッテリーはどれだけ持つ?――Z1と比較してみた1.軽くなって、持ちやすくなった

 Xperia Z2の重さは約163グラムで、Z1の約171グラムから8グラム軽くなった。これはカタログを見れば分かるのだが、実際に持ってみてもやはり軽く感じる。Z1を手にするとズッシリと感じるが、Z2にはそこまでの重量感はない。

 幅もZ1の74ミリから73ミリに縮まったので、片手で握りやすくなった。1ミリだとほとんど差がないように思われるが、手にすると違いがその差を実感できる。

photophotoXperia Z2(左)とZ1(右)。Z2の方が3ミリ長いが、幅は1ミリ短くなった(写真=左)。片手でもしっかりと握れる(写真=右)手にしたときの質感が変わった

 「進化」というより「変化」と感じたところも。Xperia Z1の側面にはメタルフレームが使われており、握ると金属の感触を得られる。一方、Z2のフレームは金属と樹脂の一体成型となっており、斜めにカットされているフレームの両端に樹脂が使われている。端末を握ると、この樹脂の部分がちょうど手に当たるので、Z1ほどの金属感は得られない。これは好みの問題だが、個人的にはZ1の質感の方が好きだった。

photo上がXperia Z2、下がZ1。金属と樹脂の一体成型を採用したZ2では、樹脂の部分がちょうど手に当たるので、Z1と質感が異なる2.スタミナが向上している

 第1回のレビュー(→Xperia Z2のバッテリーはどれだけ持つ?――Z1と比較してみた)でも検証したが、Xperia Z1から明らかにバッテリーの持ちがよくなっている。特にYouTube視聴といった、ハードな使い方をするほど、Z1との差を実感できるだろう。普段使いにおいても極端にバッテリーの減りが早いことはなく、問題なく使えている。

3.ステレオスピーカーで音質アップ

 従来のXperia Zシリーズはモノラルスピーカーを搭載していたが、Z2ではステレオスピーカーに進化。ディスプレイ面の上下にあるので、YouTubeの視聴時などに画面を見ながら高音質を体験できる。S-Forceフロントサラウンドによって立体的に聞こえるのも◎。

4.ノイズキャンセリング対応+対応イヤフォン装着時の音質も向上

 WALKMANを使っている筆者にとって特にうれしかったのが、デジタルノイズキャンセリングの対応だ。筆者が使用しているWALKMAN「NW-A847」に付属しているイヤフォンは、Xperia Z2でも使用できるので、イヤフォンを買い足さなくてOK。これでWALKMANの使用をやめる……ことにはならないが、WALKMANのバッテリーが切れたときにスマホで音楽を聴くこともあるので、WALKMANと同様の音楽体験を得られるのは素晴らしい。

 ノイズキャンセリング対応イヤフォン装着時の音質が向上しているのも特筆すべき点だ(詳細は別記事にて解説する)。これで「Xperia ray」くらいサイズが小さかったら、WALKMANの代わりになるのになーと思ったほどだ。

photophotoノイズキャンセリング対応ヘッドフォンを装着すると、ピクトアイコンが表れ、通知バーからノイズキャンセルの設定ができる5.カメラの画質が改善された

 暗い場所でも鮮明に撮影できるXperia Z1のカメラ性能には目を見張るものがあったが、プレミアムおまかせオートで撮影したときの色味は、やや不満の残る出来だった。特に料理の写真が青みがかった仕上がりで、言葉は悪いが「メシマズ」な写りになってしまうことも多かった。

 ソニーモバイルの説明によると、Xperia Z2では解像感、ノイズ感、色味をチューニングしており、Z1よりも画質が向上しているという。同じ被写体やシーンをXperia Z2とZ1で撮り比べたところ、薄暗い室内で撮った料理の写真は、Z2の方が温かみのある色合いで、Z1よりも明らかにおいしそうに見える。一方、明るい室内で撮った写真や風景、夜景の写りは、それほど差は感じられなかった。

 以下の写真は、いずれもプレミアムおまかせオートで撮影したものだ。

photophoto左がXperia Z2、右がZ1で撮影したもの。Z2の方が赤みが強調されているphotophoto左がXperia Z2、右がZ1で撮影したもの。こちらもZ2の方が卵や鶏肉の温度感が出ているphotophoto左がXperia Z2、右がZ1で撮影したもの。明るい室内で撮ったためか、それほど差は感じられないphotophoto左がXperia Z2、右がZ1で撮影したもの。こちらもほとんど差は見えないphotophoto左がXperia Z2、右がZ1で撮影したもの。どちらも明るく撮れている関連キーワードXperia Z2 SO-03F | Xperia Z2 | ノイズキャンセリング | イヤフォン | ソニーモバイルコミュニケーションズ | “ここ”が知りたい | Xperia ray SO-03C | YouTubeカメラよりうれしい? ディスプレイの進化仮想通貨カジノパチンコ中村 憲 剛 スパイク

コメントを残す

業界連盟:k8 カジノ k8 カジノ k8 カジノ ボンズ カジノ ボーナス コード k8 カジノ | Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap